美・若さへの執着が捨てきれない乙女たちへ

 

 

human-aging-process-male_large

 

 

私は先月40代後半に突入した。

人間歳をとるのが嬉しい人はあまりいないと思うけど(私ももちろんそのうちの一人!)、特

に見た目の若さに執着してる女性はそれ故に苦しんでいる人が多いんじゃないかなと思う。

それで得をしてきた女性はなおさら。

そうならない為にも内面磨かなきゃ。。。というのが良くある説だけど、

それだけじゃその苦痛からは逃れられないなー、多分、というのが私の意見。

私自身ヨガを始めたきっかけが痩せたいとか綺麗にになりたいとかではなかっったので、バク

ティヨガのクラスに参加させてもらったときに、『Hidekoさん。ビューティヨガの先生で

す。』とメンバーに紹介されて、なんだかとってもプライドを傷つけられたような馬鹿にされ

たような気分になった。

先日ある知り合いからは、『今やヨガ講師なんて漫才師やタレントと同じ、枕営業で有名講師

の弟子になって上りつめる人がいてもおかしくないでしょ、ちっとも。彼らは彼らで経済活動

してるわけだから。』ショックだったけど、認めざる得ないそれが日本

のヨガ業界?少なくともイメージなわけだよね。

だけどヨガ哲学の観点から見ると、見た目の若さキープとか美とか狙ったヨガってヨガ哲学に

は反してるのだよ(ババアのひがみだろ!って思う人はこの先読んでいただいても時間の無駄

です 笑)

 

ここでヨガスートラⅡ実修部門第18節の一部を抜粋してお伝えさせてもらいますね。

 

『自然のものは何一つとして不断で不変の幸福をもたらすことができない。それは絶え間なく

変化する。それを真から理解することができると、われわれは物事を変わるに任せ、それに執

着しないだろう。ところがわれわれは、見ているだけでは気が済まない。その端っこにしがみ

ついて離そうとしない。だから緊張が生まれる。人生はすべて、過ぎてゆくショーである。そ

れを引きとめようとすると緊張を感じ、そしてそれがわれわれに苦しみを引き起こす。そこか

ら自由になると、その時その時の変化を楽しむようになり、歳を重ねていくことにさえ美を認

めることができる。』

うふふ、納得はできても実践するのはかなり難しいよね。

だけど実際にこれができたら高齢化の日本ももっと華やいだものになりそうかな。

ヨガを始めるきっかけは本当に人それぞれ。でも、全ての生徒さんにここまで伝えられる講師

になれるよう日々精進してまいります。

 

 

●●●● Lesson Schedule レッスンスケジュール ●●●●

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中