上手くいかない日があって当たり前。Tips for Teaching Yoga to Children with Autism Spectrum Disorder

 

 

 

子供にヨガを教えるのは準備段階の段階からものすごーく時間がかかる

(もちろん普段大人に教えている時も一期一会で真摯ですけど!)

 

レッスン自体も一回として同じようには進まない。

 

体調がすぐれないとき、精神的ストレスが溜まってるとき、

 

それを隠そうとしないのが子供だから。

 

だから、教える側も『毎回同じようにスムーズに事は進まない』

 

ということを真から理解できないと続けていくことができなくなる。

 

実際、キッズヨガの講師になっても辞めていく人は多いそう。

 

私も何度もくじけそうになるたび、

 

下記のようなテクニックをネットで探しては自分に克入れてます(笑)

 

でも、先日のレッスンで気づいたのです。

 

生徒である子供をコントロールしようとしてる。

 

だから、こんな風になるんだってね。

 

それは子供たちに直で伝わってる。

 

子供たちも自分をコントロールできないことに苛立ち、

 

お互い負のスパイラルにはまってしまうのだ~。

 

これは、親子間でも同じでしょ。

 

言われたことができない子供に対していら立つ→

 

子供が大人の心情を察知する→

 

おとなしい子はもっとしょぼくれちゃうし、

 

聞かない子はさらに反抗的になる

 

実は、完全に大人がはめられちゃうわけですよ(笑)

 

そんな時は大人も子供もまず深呼吸

 

kids breath

 

『今日はこういう日だね』ってまず受け入れるのが大切

 

難しいけどね~

 

下記は特別支援が必要な子に教えるときのTIPSだけど、

 

どんな子供たちにも有効。

 

ほらね、子供から学ぶことってたくさんあるんだよ(感謝!)

 

 

 

Tips for Teaching Yoga to Children with Autism Spectrum Disorder

Yoga can be easily incorporated into a child’s day in the home, school or program setting to support self-regulation, increase communication and expression of difficult emotions and reduce anxiety and frustration. Practicing yoga with the child will not only support them in feeling more calm and relaxed but can also support the adult working with the child in feeling more calm, the outcome being, a positive and relaxing experience for both the adult and the child.

  • Teach child/children simple yoga poses and breathing exercises with the use of visuals, games, repetition and fun and motivating activities.
  • Choose poses and breathing strategies at first that allow the child to feel successful and practice them consistently before adding new poses and breathing strategies.
  • Create a yoga schedule with pictures of poses so there is consistency and the child knows what to expect.
  • Allow the child to choose preferred poses in order to feel a sense of involvement and control.
  • Incorporate “yoga breaks” throughout the day in order to encourage movement, stretching and breathing. This provides an opportunity to reset. Studies show that movement breaks throughout the day increase focus and concentration. Certain poses that cross the midline increase communication between the left and right hemispheres of the brain, which supports learning, movement and coordination and is thought to help develop new neuro-pathways in the brain.
  • Set aside a “yoga space” in the setting with visuals of poses and breathing exercises for children to access when needed. Simple yoga stretches and breathing exercises can be done seated in a chair (chair yoga) if desired.
  • Encourage children to engage in breathing strategies or yoga stretches when they become upset, agitated or experience anxiety as a replacement behavior or alternative behavior to acting out or exhibiting inappropriate behaviors.

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中